« 福島県郡山市サッカークリニック開催! | トップページ | 高円宮杯を振り返って »

2007年8月25日 (土)

『高円宮 初戦!』

いよいよ 中学サッカーの頂点、高円宮杯がはじまった。

相手は、伊勢原市立山王中学校!キックオフは13:00。

試合前から、今日は大会だ!頑張ろうという気持ちがみんなの目にでていたが、何となく緊張しているようにも見えた。会場の雰囲気、相手チームの雰囲気、全てがみんなにはどのように感じられ映っていたのだろうか。

試合が始まると、何か浮き足だったような感じで、みんなの動きが固い。サッカーが小さく、細かいプレーのミスが目立った。一番、わかりやすかったのは、相手より先にボールをさわるという基本的なプレーができず、本来のみんなのプレーが見られなかった。

PKで先制されると、ラインが下がり、FWとDFの幅が開いてしまった。幅が広いことで、一人一人が孤立する場面が多く、フォローが遅れ、後ろからとびでてくる選手がいなかった。コーナーのこぼれ球を押し込まれ、2点目。この2点をとられた時、グランドの中でみんなは気持ちをどのように切り替えただろうか?

ハーフタイムに気持ちを奮い立たせるよう、コーチから指示かとぶ。後半に入り、動きが良くなってきた矢先に3点目。そして4点目と失点。

その後、2点を返すも、終わってみれば2対5の完敗。悔しい結果となった。

コーチは、何が悔しいって、みんなには実力があり、強い気持ちもあるのにそれがでなかったこと。静岡の合宿、東海との試合、そして、ロプタとのあの緊張感、集中力、高い意識のプレーを知っているだけに、すごく悔しかった。それは、みんなも同じはず。

でも、大会には勝敗がつきものであり、2対5という結果は変わらない。要は、みんなより、相手チームが技術、戦術、勝ちたいという気持ちが勝っていたということ。

では、どうしたら常に一定の表現をすることができるのでしょう。

まずは、グランドに来て、集合があり、アップが始まったときの真剣度。そして、今、自分が何をしなければならないのか、今日は何をしに来たのかを一人一人が強い気持ちをもってのぞむことができていたかということ。

そして、勝ちたいという気持ちをプレーに表現することができていたかということ。サッカーとは、相手ゴールにボールを入れあうスポーツであり、全員がゴールに向かってプレーをできていたかということ。それが、攻めにおいては迫力につながり、DFにおいては、高いプレス、攻撃的なディフェンスにつながるんだよ。

この点が足りなかったな~。ただ、くよくよもしていられない。来週以降の2試合で勝ち点6をとりにいくために、技術が一週間であがるとは思わない。

ただし、自分自身の意識、気持ちの持ち方は変えることができるよな。試合のとき、コーチに言われて動くのではなく、自分のために常にベストをつくすこと、挑戦し続けることが大切です。このことは、日ごろの練習から高いモチベーションのもと、うまくなりたい、強くなりたい、といった強い気持ちをもってサッカーに集中すること。

中学の年代は(コーチにも中学生時代があったからわかるけど・・)、一生懸命やることが恥ずかしい、声を出すことが恥ずかしい、ちょっとかっこつけたいっていう気持ちが出るのは当然。だけど、みんなの目標としていることは、強いパルピ、そして、自分自身がうまくなることだよな。だから、せめて、チームの中では、かっこつけずに、がむしゃらに、自分自身の殻をやぶろうぜ!そのために、合宿で一緒に過ごし、一緒に風呂に入り、厳しい練習を共有し、そして、普段の練習をやってきているのだから。自分を信じ、仲間を信じ、勝利という目標に向かってのぞんでいこう。

みんなは、必ずうまくなる。そして、強くなる。でも、現状ではあと一歩足りないよな。今日の試合を一人一人が振り返り、自分の殻をやぶってこそ、未来が見えてくるぞ。来週までの一週間、どんよくに頑張ろう。

最後に、サテライトのみんな、今日は応援ありがとう。コーチはみんなの顔つきの変化に嬉しく思ったよ。間違いなく成長をしている。雰囲気でよくわかる。

そして、トップのみんな。自信を持て!コーチ一同、みんな一人一人がすばらしい選手だと誇りをもっているよ。頑張ろう!!

|

« 福島県郡山市サッカークリニック開催! | トップページ | 高円宮杯を振り返って »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『高円宮 初戦!』:

« 福島県郡山市サッカークリニック開催! | トップページ | 高円宮杯を振り返って »