« 『高円宮 初戦!』 | トップページ | Jrユース観戦日記 »

2007年9月 8日 (土)

高円宮杯を振り返って

9月8日(土)13:30キックオフ/小田原市立白田中学校

 vs 川崎市立稲田中学校 3-1勝利 (得点:猪俣・藤瀬純・有櫛)

本日は高円宮杯、予選リーグ最終戦。先週の時点で、2敗したため、決勝トーナメントへの道は断たれてしまったが、最終戦を白星で終われるか、大きな意義のある試合だった。結果、3-1の勝利!みんなの試合にのぞむ気持ち、今後のサッカーへの姿勢を確認することができてよかったと思う。また、3年生は全国大会に続く試合としては、最後になるが、3人とも常に前向きに、若いチームをよく引っ張ってくれたと思う。(もちろん、これから県リーグも続くし、高校への準備としてパルピとしての引退はまだだよ。)

さて、パルピターレとしてのぞんだ初の高円宮杯は1勝2敗、予選リーグ敗退という厳しい結果となった。この点は、現時点での実力として率直に受け止め、良かった点、悪かった点を分析、反省することで、さらなるチーム強化に向け活かしていきたい。

それでは、本大会を通じての課題は以下のとおり。

 ①試合にのぞむ姿勢、気持ち、勝利へのこだわりをもってアップから含め試合にのぞむこと

 ②1対1(攻め・守りとも)での強さ

 ③基礎技術(トラップ、キックなど)のレベルアップ

 ④運動量のアップ(ボールをもらう動き、攻守にわたるポジショニング、攻守の切り替え)

 ⑤声を常にだすこと(ボールを持っているとき、ボールがない時全て)

 ⑥攻撃をするときの一人一人のイメージ

 ⑦予測する力(動き出しの速さ、イマジネーション、動きの連続性)

 ⑧プレーの強引さ(突破力、体の張り方、キープ力など)

 ⑨得点力の向上(シュートの質、得点への展開力、動き出しのはやさなど)

これから、練習を重ね、さらなるレベルアップをはかるために、一番大切なことは、一日一日を無駄にしないということです。グランドでは常に100%の力を発揮し、自分のもっているものを全て出していくことが大切です。この繰り返しが個人のレベルを高め、そして、チーム間で一人一人のプレーのくせや動きのくせを相互に理解していくことで、チーム力も向上していくのです。技術的には非常に高いものをみんなは持っています。あとは、遠慮をせずに日々の練習から、例えば対人プレーでは攻める人も守る人も常に試合のようなきびしさをもってのぞみ、全力をだしきっていきましょう。

最後に、グランドでプレーをするのはみんなです。自分の個性をいかし、のびのびとプレーをしよう。練習をするときは全力で集中、遊ぶときは思い切り楽しく、勉強のときは勉強とメリハリをつけて日々の生活からがんばっていこう!

|

« 『高円宮 初戦!』 | トップページ | Jrユース観戦日記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯を振り返って:

« 『高円宮 初戦!』 | トップページ | Jrユース観戦日記 »