« クラブユース選手権 対戦相手決まる!! | トップページ | 鹿島合宿 »

2008年3月23日 (日)

『勝利への鍵』

こんにちは、くりコーチです。今日は、Jrユースの試合を観戦

新2・3年生が揃っての練習試合とあって、また、4月からのクラブユース選手権に向けてのチーム状態を確認するために、厳しい目でチェックしてきました。

まずは、新2年。チームとしてやろうとしていることを、全員が理解し、共有していることが、内容にあらわれ、非常に成長していると思いました。また、フィジカル面もあがってきており、ボールコンタクトや球際の粘りがでてきたな~と感じたな~。これから、もっともっと、スピード(走力、判断、プレーのスピード)と精度(ボールコントロールや動きの精度)を高めるために、日々の練習を怠らずに、コーチを信じて取組めば、半年後、1年後には間違いなく成果が表れてくると思ったよ。このまま、ひたむきに頑張れ

そして、クラブユースを控えたトップチームのみんな。確かに個々の能力は高いとコーチは思う。でも、何故、粘りやすっきりとした結果に結びつかないのか。試合が終わって、ミーティングをやったり、みんなで話し合っているのは良いことだけど、コーチには原因が明確に見えるぞ!試合後に話したけれど、全員がこのブログを読んでくれることに期待して、今日は『勝利への鍵』を伝えたいと思う。

今のトップは、サッカーを楽しんでいるかな?個々のレベルは確かにあがっている。しかし、チームとして、理想や高望みをし過ぎているせいもあって、お互いを信じ、仲間のプレーを理解するといった、良い部分を忘れているような気がするな~。試合中の意見を言い合うことは、サッカーにはとても重要なことだけど、一つ間違えると、意見が文句に発展してしまっていると思うよ。自分の思うようにいかなかった時、味方の選手がミスをした時など、それを励ましたり、皆でカバーしあったりすることを忘れていないかな?よくコーチが言うけれど、サッカーはミスがつきもの。過ぎてしまったこと、ミスをしてしまったことは、戻ってはこないよ。大切なことは、ミスを悔やんだり、責め合うのではなく、それを皆でカバーしあって、次につなげることだよ。そして、味方のよい部分や得意なプレー、苦手なプレーを認め、理解しあうことだとコーチは思うな。明るく、仲間とプレーできることを楽しむこと、前向きにゴールに向かい、サッカーをすることが大切なんじゃないかな~。一人の『頑張ろうぜ~』『いいよ、いいよ、次があるさ』といった、気持ちの切り替えが、自然とチーム内の良い雰囲気を作り、一人の頑張りが連鎖反応のように全員の頑張りと動きの良さにつながってくると思う。チャレンジして相手にボールを奪われたら、奪い返せばいい、一人が抜かれたら、周りの仲間でカバーしあえばいい。そして、今のトップチームの良さをみんなで話して、共有してみよう。

あと、戦術的には、中盤がなくて縦に速すぎるから、FWが孤立したり、一人の突破にたよりすぎて、チーム全体で押し上げたり、後ろの選手が飛び出てきたりが足りず、FWとDFの距離が間延びしてしまって、中盤でのルーズボールを奪われて相手に自由にプレーをさせてしまっているよね。そのためには、中盤でためをつくる、具体的には、サイドバックやDFから中盤がボールをうけたら、サイドバックの選手が横に押し上げたりして、横パスをつないでビルドアップしていくことが大切だと思う。攻撃の厚みをだすことで、FWとDFのラインも縮まり、相手にスペースをあたえないことで、高い位置でボールを奪い攻撃に転じることができるようになるよ。もちろん、とられたら取り返す、攻守の切り替えといったことができるだけのフィジカルは鍛えなければならないけれど・・

これから、合宿にも入っていくけど、今日の『勝利への鍵』を皆で共有して、まずは明るく前向きに取組んでみよう。このことは、難しいことではないよ。

いよいよトップは最終学年に突入。ひかるを中心に、チームワークを強固にして頑張ろう!みんなは必ずできる!

|

« クラブユース選手権 対戦相手決まる!! | トップページ | 鹿島合宿 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『勝利への鍵』:

« クラブユース選手権 対戦相手決まる!! | トップページ | 鹿島合宿 »