« いざ北京へ!! | トップページ | 必要なこと »

2008年7月25日 (金)

価値ある負け

080721_112201 久々のブログとなってしまいました

7月21日(月)の県リーグ。

4連勝でむかえた、全勝同士の対決となりました。

パルピAチームの雰囲気も、以前より良くなった気がする。

みんなのやる気や方向性が明確になり、チームとしてのまとまりに高円宮杯への期待も高まってきた!

あとは、悔いを残さず、中学年代のパルピサッカーを思う存分やり抜いて欲しいという想い、そして、良き仲間との感動、一人一人の人間的な成長(もちろん、サッカーの技術もだけど・・)いろいろな想いとともに、自分自身も全てをぶつけていきたい!

話しは戻り、リーグ戦。結果は、0-3で負けてしまった。

が、何故か心には希望の光と頼もしさを感じたゲームだった

確かに勝負スポーツをやっている以上、結果は『勝ち』か『負け』が存在する。

大会であれば、優勝できるチームは1チーム。では、負けたチームは価値がないのだろうか?

いや、そんなことはない。

結果とは別に、自分のベストを尽くしたのか、心にやりきった感が残ったのか、後悔をしていないか、良き仲間と感動を共に体験できたのか・・・など 得るものは多い。

その経験ややってきたことが間違いなく心に刻まれていく!

その光が見えた試合だった。

みんなの眼が真剣になっていく、向上心が芽生えている、チームとしての一体感・雰囲気がでてきた。あと、一ヶ月何も迷うことなく、やりきれば必ず結果がついてくると信じている。

そんな予感を感じさせる試合だった。

“価値ある負け”ってあるのだな~と感じた。

さ~ 夏休みに入り、清水遠征が待っている。全ての選手(子供達)がスーパーサイヤ人(ドラゴンボールに登場)に変身し、何かをつかみとって欲しい。

|

« いざ北京へ!! | トップページ | 必要なこと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価値ある負け:

« いざ北京へ!! | トップページ | 必要なこと »