« おっと・・ | トップページ | 価値ある負け »

2008年7月15日 (火)

いざ北京へ!!

暑い日が続きますね。

今日は、外も暑いが、くりコーチも熱い会に行ってきたよ。

いよいよ、北京五輪が始まります。サッカーもU-23、なでしこ とメダル獲得に向け、声援を送ろう!

そして、なんと、くりコーチ出身の明大サッカー部から、北京五輪に なんと、3名のOBが闘いに挑みます。今日は、明大サッカー部OBによる、北京五輪壮行会が行われた。

ここで、突然の 長友選手とのツーショット!今日、U-23発表になったばかりのレアなショットだよ!!

080714_190832_2

明大サッカー部の関係者が、五輪に出場するのは、実は42年ぶり。

42年前といえば、メキシコ五輪。世界のストライカー釜本さん、と黄金の左足といわれた、杉山隆一さん。この五輪では、銅メダルを獲得。明大からは、杉山さんが出場し、世界にその名をとどろかせたんだね~実は、杉山さんは、清水東高校の先輩でもあったんだ。コーチのお父さんが、清水東高校の初優勝のメンバーだったんだけど、その時、杉山さんが2年生。そして、また、杉山さんの息子は、明大の2つ上の先輩だったんだ。息子の淳一さんは、東海大一高校で全国制覇し、明大サッカー部へ。結構、マニアックな情報でしょ。

さ~話しは それたけど、42年ぶりの明大OBは、なでしこジャパン監督の佐々木則夫監督、反町ジャパン(U-23)ヘッドコーチの江尻篤彦コーチ、そして、U-23代表の長友選手ちょうど、今日、反町ジャパンのメンバーも発表され、こんな嬉しいことはない。江尻さんは、清水出身で、清水商業時代に全国優勝した時の主将、その後、明大に進学し、コーチが1年生の時の4年生だったんだ。同郷、そして、先輩として、是非、是非、頑張って欲しい!!

それにしても、長友選手。愛媛県出身で、サッカーを始め、長友選手の、基礎ときっかけは、中学の先生との出会いだったそうだ。

ムチャクチャに厳しくて、異常なくらいに走らされ・・悔しさと、我慢の日々が続いたそうだけど、やり遂げた中に達成感と自信が生まれたそうだ。そう、サッカーを通じて、心を鍛えられたことが、その後のサッカー人生、長友選手の人生に大きく影響を与えたとのこと。先生のことは、本当に印象深く、感謝の気持ちが今は残っているそうで、愛情を後になって感じたとのこと。

コーチも、今、中学生~幼稚園生のサッカーに関わっているけど、やはり、サッカー選手である前に人間。この大切な時期に、何かのきっかけを与えてあげることができるように頑張ろう。頑張るというより、信念を持って伝えていこう。

特に、中学3年生は、高円宮杯があと少しで迫っている。かっこつけたり、はずかしかったりする年代かもしれないけど、自分のからを破って、とことん熱くなれるよう、そして、その熱く取組む中に、友情や感動、そして、人生のきっかけを見出せたら本望!!

すごく刺激になった一日であり、いろいろなOBのみんなと久々に会えて楽しかった。

佐々木監督も、江尻さん(コーチ)も長友選手もメダル獲得に向けて、頑張れ~!!

|

« おっと・・ | トップページ | 価値ある負け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ北京へ!!:

« おっと・・ | トップページ | 価値ある負け »