« 高円宮杯 第2戦! | トップページ | ゴリラテカフェ »

2008年9月23日 (火)

決戦!エスペランサ戦(高円宮杯第3戦)

決戦 

いよいよやってきた。

高円宮杯 2勝0敗同士の一戦。パルピは、得失点で上回り 1位でのぞむことになった。

試合前、誰一人 油断することなく、ただ、ただ、勝利を目指し気持ちを一つにしていた。

この日を勝ち抜くため、自分たちが変わるため、何かをつかむため、選手たちは何の迷いもなく、一人一人が覚悟を腹にきめ、ミーティングからアップ、そして、試合に入る。

エスペランサは、高い個人技をベースとしたチームで まさに強敵!

「絶対勝つぞ~」 

試合は一進一退の攻防。前半15分過ぎに、左サイドで粘った純也からセンターリング。走りこんだ、周佑が右足であわせゴール。待望の先制点。

その後、エスペランサも猛攻をしかける。パルピも徹底された戦術から、きちんと相手のキープレイヤーをマークし、攻めさせない。こちらも、有櫛のミドルシュートなど、惜しいシーンもつくる。こんな展開の中、前半25分頃、ペナルティーエリア内でレフリーの笛。

えっPK。

が、集中は切れない。GKの稲塚も集中を高める。

相手の右足からけられたボールを稲塚がセーブ。

よっしゃ~ と思った瞬間、線審がフラッグをあげた。

キーパーが蹴る前に、一瞬前にでたとの判定。そして、再度PK。

二度目の奇跡はおきずに、ゴール。1対1。 そして、前半終了。

ハーフタイム、戦術的な指示を行い、あくまでも冷静に戦うよう指示。自分たちを信じ、仲間を信じ、後半にのぞむ。引き分けでも1位通過だが、決して臆することなくパルピらしいサッカーで決勝トーナメント進出を目指す。

後半も一進一退の攻防。

10分過ぎに試合が動く。左からドリブル突破してきた相手FWのシュートがパルピゴールにつきささる。失点!が、選手たちはすぐに切り替え、顔をあげる。

その直後、右からのクロスボールを相手DFがオウンゴール。再び同点!

DFを固める。

両チームとも勝利を目指し、体と体をぶつけあう。粘れ!心の中で叫ぶ。光も司も、誠矢もたけも、樹も純矢も竜平も・・ 頑張れ・・

が、後半30分。ロングスローからの混戦で、ボールは非情にも相手FWの前に・・

あっ

2-3・・・ が、諦めない。すぐに気持ちを切り替え、相手ゴールに向かう。みんなで向かう。

時計が進む。敵はキープに入る。懸命にボールを奪い、相手ゴールへ・・

ピ、ピ、ピー

終わった・・ 勝たせてあげたかった・・ 

悔しさで選手たちの目から涙がこぼれ落ちる・・ 

この素晴らしい選手たちのプレーをもっと、見たい。この素晴らしいチームで あと一戦戦いたい。

だが、結果は受け止めなければならない。悔しいが・・・

選手達は変わった。本当に変わった。チームが変わった。

やりきること、全力を尽くすこと、そして、努力すること。一生懸命になっている姿は本当にかっこいい。結果、負けて悔しいが、スポーツには必ず勝者がいて、敗者がいる。どこまで勝ち上がれるかも大切だが、今、その時を全力でやりきることが大切なのではないか、と帰ってきてフと思った。

間違いなく、選手たちは3年間でたくましく、そして、何かを掴んだに違いない。技術はもちろんあがったが、自分の中で”やる時はやる”をつかんだに違いない。

サッカー人生はまだまだこれから・・この経験が また、さらなる成長をもたらすと信じている。本当にかっこいい奴らだと思う。

そう、真のサッカーマン になった瞬間でもあった!! これからも頑張れ!!

ps.応援いただいたご父兄の皆様、本当にありがとうございました。活動へのご理解、そして、チームを信じて心からご声援頂いたことに対し、本当に感謝致します。

|

« 高円宮杯 第2戦! | トップページ | ゴリラテカフェ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決戦!エスペランサ戦(高円宮杯第3戦):

« 高円宮杯 第2戦! | トップページ | ゴリラテカフェ »