« palpi な一日 | トップページ | サッカー文化 »

2009年10月24日 (土)

U-13リーグ

U-13リーグ

午前中は、U-14 の練習。

 

場所を移動して、昼からはU-13のリーグ戦。

 

会場につくと、 が・・・

 

インフルも もの凄い勢いで各学校に広がっているようで、

寒くて風邪引いちゃうな~ と震えながら試合を観戦。

 

でも、そこは、みんなのワクワクさせるプレーで熱くさせてくれ!!

 

今日の相手は、八つ橋さん。

昨年まで、少年チームで教えていた、教え子が八つ橋にもいて、パルピの選手達との成長度合いがどんな感じか?そんな視点でも試合を見てみた。

 

パルピの1年のテーマは、とにかく個人技術の向上。

 

いつも言っているが、サッカーには、闘う心、やりきれる体力、そして、最後は徹底した技術がそろっていることが大切。

 

1年生は、とにかくドリブルに拘って練習している。

 

パッと見た人は、

「何で蹴らないんだろう?」

「何で早く攻めないんだろう?」

「何でクリアしないんだろう?」

 

最後には、

「これ、サッカー?足技競技では・・・?」

とも思われるかもしれないが、我々は、もちろん足技サッカーをやるつもりはない!

 

最後には、きっちりと徹底的に勝負にもこだわり、そして、パスもドリブルもロングキックもロングシュートも全ては個人の判断にまかせ、そして、迫力あるチームとなるようステップアップさせるつもりです。

 

選手達にも、今のドリブルの意義、最終的な目標、迷いなきプレーへの拘り、を常に言い聞かせている。

 

1対1で徹底的に勝つ!1対2でも抜く!1対3でも抜く!

そんな選手になれるように・・

そして、そこまで個人が伸びれば、チーム力もあがる。

「ドリなのか、それともパスなのか?」

相手を徹底的に翻弄できるようになるために、今はこだわろう!

 

 

試合は、3-2で勝利。

少しずつだけど、普段練習でやっているドリブルの成果が出てきていると思う。

ヒールリフトを1試合5回も挑戦した エガちゃん、いいんじゃないかな~

ラボーナでパスをするマサ、いいんじゃない!

 

ところで、小学校の時に教えていた教え子も もちろん上達していた。

身長なんて 170cmくらいに伸びていた。

  

パルピの教え子達との成長の度合いは、もちろん、ここでは書けないが・・・

小学校時代から関わっている選手達の成長を感じるのは、指導者にとっては本当にわくわくする。

ケンタ(八つ橋)、また試合やろうな!がんばれ!

 

|

« palpi な一日 | トップページ | サッカー文化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U-13リーグ:

« palpi な一日 | トップページ | サッカー文化 »