« CATS | トップページ | U-13リーグ »

2009年11月15日 (日)

個性

個性
個性

小学生(FCパルピターレ)の交流戦

 

中学生は、テスト週間も入ってくるので、今日はOFF。

 

今日は、新しいチームメイトも加わり、チームらしくなってきた。

 

うちのチームは、新しいお友達を気持ちよく迎え入れてくれる。

子供って いいな~って思える瞬間。

 

サッカー仲間が入ってくると、すぐに友達になり、

そして、純粋に喜び、そして、賑やかになる。

 

さて、交流戦。

数ヶ月前、勝負にならなかったのだが、

徐々にだが サッカーになってきたかな。

ボールを持っているときに、相手を感じてプレーしたり、

ボールが来る前に 相手がどこから来て、味方がどこにいるか、

頭に情報を入れてプレーする選手達が見受けられてきた。

中には、試合の中で、ゲームの流れを予測しながら、

どこが危ないのか、そして、ボールがどこに飛んでくるのかを

予測しながらプレーする選手もいた。

 

足元のボールコントロールもあがってきた。

引き技、フェイント、ボールキープ・・・

簡単には、ボールを奪われなくなってきた。

ボールを奪われないだけでなく、得点を奪う為に突破していくドリブルにも少しずつだが、迫力もでてきた。

 

しかし、そのボールの持ち方、プレースタイルにも個性がある。

ボールを器用に扱うテクニシャンタイプ。

スピードを武器として スピードの中で体をうまく使ったり、相手との間合いを利用してドリブルするタイプ。

ストライドが大きく、体力と体の大きさを利用してボールを運ぶタイプ。

 

どれも、素晴らしい!!

 

どの選手達も 成長過程にあり、

徹底的に基礎を鍛え、それをゲームで実践する。

 

まだまだ、勝負どころ、ピンチになった時の守り方は

ゲーム感を養わなければならないが、

これから、試合を重ねるごとに変わってくると思う。

 

教える事は山ほどある。

ドリブル、パス、シュート、トラップ、

そして、連動するプレー。

 

時間だけは、あっという間に過ぎてしまうので、

一つ一つ、焦らずに雑にならずに、粘り強く指導していきたい。

 

FCパルピターレは、見に行くたびに成長が見られるので

すごく感動するし、わくわくする。

 

今日、「おっ!」 と思う光景があった。

自分のプレーに納得できず、悔し泣きしていたケイタ。

勝負のかかった試合で負けたわけでもない、

自分のミスで大切な試合を落としてしまったわけでもない・・・

 

その後の試合では、気持ちがでていてナイスプレーだった。

自分なりに奮起して、そして、きっと何か考えたのだろう!

 

この考える、自分の中で解決する力が成長につながる。

 

帷子SCの皆さん、いつも試合をして頂きありがとうございます。

Tipsの皆さん、ありがとうございます。

あと、いつも応援に来て、ご声援頂く保護者の皆さん、

本当にありがとうございます。

  

 

[番外編]

明大負けちゃいました~。

でも、湘南、山形の撃破!

今日の新潟戦もビデオで見たけど、自分達のサッカーをやり抜いて果敢にゴールに向かっていた姿は素晴らしかった。

選手の皆さん、お疲れさま!

次に期待してます。

あと、昨日、静岡県の高校サッカー県大会予選で、

母校 清水東も負けちゃいました。

来年に期待か。 久々に全国での勇士が見たかったな。

|

« CATS | トップページ | U-13リーグ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性:

« CATS | トップページ | U-13リーグ »