« 価値ある一勝(クラブユース3回戦) | トップページ | クラブユース 9位決定トーナメント »

2010年5月 5日 (水)

分析!クラブユース 4回戦

Cimg8287

クラブユース選手権 4回戦

勝てば、ベスト8&関東大会出場!

 

相手はヴェルディ相模原。

 

アップから、気合をたっぷりに気持ちを高める。

 

グランドには、保護者の皆さんをはじめ、

先日に続き、FCパルピターレの小学生のみんなも

応援にかけつけてくれた。

本当に、感謝の気持ちに尽きる。

 

自分達ができる事は、その声援に応えるべく

闘い、勝利をつかみとること・・・

 

試合が始まると、アップとは別人のように動きが硬い。

 

緊張からか、気持ちの高ぶりからか、

何か浮き足立っている感じがした。

 

GK カツのファインセーブのおかげで、

また、相手がはずしてくれたこともあって、

前半0-0の空気が漂う。

 

そこにスキがあった。

 

フリーキックから相手に押し込まれ

欲しかった先制点を先に入れられてしまった。

前半は0-1

 

ハーフタイムに喝をいれ、後半にかける

 

後半、お互い決定機をつくれずに時間だけが過ぎていく中、

ラスト10分、相手コーナーキックを押し込まれ2点目をゆるす。

最後は 果敢に攻めにいったが、カウンターから

終了1分前にミドルシュートを決められる。

 

結果0-3

 

惜しくもベスト8は達成できなかった。

 

選手達も自分の持てる力、極限の精神力の中

頑張ったと思う。

でも、やはり勝負のかかった試合、

内容どうこうではなく、勝ちたかった。

 

では、何故勝てなかったのか?

 

大きな収穫は、トップリーグとの闘いを通じて

確実に成長し、確実に実力がついてきているということ。

内容的にも、一方的なワンサイドゲームではなく、

惜しいところまできている。

それは、気持ちの強さ、走り抜ける体力、走力、

そして、少しづつだが、経験と自信が生まれてきている。

  

が、しかし、冷静に分析すると、

惜しい試合ではなく、勝つためには・・

 

やはり、試合の流れを読む力。

相手より先に仕掛けることのできる動き、頭。

自らゴールに仕掛けていく動き、

正確なボールコントロール、

ポジショニングの取りかた・・・

 

もっともっとサッカーを勉強し、

そして、技術を身につけ 

気持ちは熱く、プレーは冷静にやれるだけの

練習が必要だと感じた。

 

試合が終わり、悔しい思い、悲しがる者、

いろいろいたが、

「すぐに切り替え、9位を狙うぞ!」

「関東大会行くぞ!」

と気持ちを切り替えた。

 

まだまだ通過点。

生活、勉強、学校、いろいろ大変だが、

全ては大好きなサッカーのため、

応援してくれる環境づくり、

何事もきちんとやること・・・

そんな毎日の過ごし方が

プレーを変え、チームを変えることに

1人でも気付き、実践して欲しいと思う。

 

まだまだ闘いは続く。

今日は、遠い会場にも関わらず、

熱いご声援を頂き、本当にありがとうございました。

 

次節、頑張ります!!!

|

« 価値ある一勝(クラブユース3回戦) | トップページ | クラブユース 9位決定トーナメント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析!クラブユース 4回戦:

« 価値ある一勝(クラブユース3回戦) | トップページ | クラブユース 9位決定トーナメント »