« 仕上がりは、順調! | トップページ | パルピターレから望月コーチ!ビーチサッカー日本代表候補に選ばれる! »

2010年9月 5日 (日)

海外との差

Cimg8601

FCパルピターレ 1~4年生が

YCAC (横浜カルチャーアメリカンクラブ)と

国際マッチをやって頂いた。

横浜、山手の地に最高の環境。

 

Cimg8603

Cimg8598

Cimg8608

Cimg8597_2

昨日、新生日本代表が、パラグアイに勝利し、

さいさきの良いスタートをきった。

 

日本の選手は、足元の技術は高いと思う。

その技術を駆使して、パスワークを使いながら

ゴールまで攻め込むサッカーが印象的だ。

 

少年時代からドリブル含め、さまざまな技術を

身につけるよる練習が構成されている。

 

僕たちの時代は、コーチとかも経験、実績がなく

一日中リフティングをしたり、サイドキックをしたり・・・

あとは、遊びの中で、そして、自分達で上手な選手の

真似をしたりしながら、練習した記憶がある。

その中で、スーパーといわれる選手達が

生まれていった。もちろん、スーパーといわれる

選手達は、人以上に努力をしていたのは言うまでもないが・・

 

だけど、そんなに指導環境が整っているわけでもなく、

ピッチが人工芝だったりと整っているわけでもないのに、

色んな個性ある選手が生まれていった。

一番の理由は、とにかくボールにさわっていたことと、

自分達で考え、そして、勝負にどん欲だった気がする。

負けることが凄く嫌で、練習でも足が痛くたって、

痛いと言いたくないし、疲れていても疲れた顔を見せたくない、

水も飲めない、だから、トイレに行って、

隠れて水道水をがぶ飲みして、シャツで口をふいて

飲んだのがばれないようにして・・・

そんな、どん欲さ、今に一番足りないような気がする。

 

今日のYCAC。

技術とか上手いとかではなく、

とにかくボールを奪い、ゴールに攻める。

悔しいから、抜かれたら取り返す。

オフサイドなんて関係なく、ゴールに向かっていく。

 

FCパルピターレのみんなに一番足りないものを

彼らは持っていた。

この感覚こそが 世界との差じゃないかと思った。

 

だから、日ごろから自分でやる・・

失敗したって、ちょっとくらい危なくたって、

自分である結論がでるまで やりきってみる。

成功すれば、嬉しいし、知恵がつくし、

失敗すれば 反省するし、次に失敗しないように

また考えるし・・

普段の生活から、ちょっと放り出す位のほうが

タフに育つ。そして、その成功と失敗の繰り返しが

人を思いやる気持ちや、助け合う気持ちも養うんじゃ

ないかな。

ちょっと 教育論になっちゃったけど、

今日のYCAC戦。サッカーの原点を見た気がする。

 

勝ちたいから、走る。

勝ちたいから、声を出す。

勝ちたいから、ゴールを目指し、ゴールを守る。

その中で、サッカーを楽しむ。

 

そんなサッカーの原点を追求することと

日本の近代サッカーの技術を両方追求して

みんながサッカーを思う存分楽しめるように

ガンガンやっていこう!!

 

YCACさん、今日は勉強になりました。

ありがとうございます。

そして、今日もたくさんのお父さん、お母さん、

応援ありがとうございました。

 

|

« 仕上がりは、順調! | トップページ | パルピターレから望月コーチ!ビーチサッカー日本代表候補に選ばれる! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外との差:

« 仕上がりは、順調! | トップページ | パルピターレから望月コーチ!ビーチサッカー日本代表候補に選ばれる! »