« 新しい目 | トップページ | それぞれの一日 »

2011年2月 2日 (水)

長友秘話!

長友 インテル移籍!

衝撃が走った。

 

たしかに、W杯での活躍、チェゼーナでの活躍、

そして、アジア杯での大活躍。

 

これほどまで、進化するものか・・と思うほど

長友のプレーを見ると衝撃が走る。

 

間違いなく、サイドバックでは過去日本最強だろう。

  

スピード、1vs1の強さ、運動量・・・ 

アジア杯を見た時に、「これは登りつめるかな~」と

思った矢先のインテル移籍。

 

で、長友・・ 明大サッカー部出身。

歳は全然違うけど、同じ八幡山で育った選手だ。

 

長友選手、今は もの凄いスピードでかけのぼっているが、

長友が脚光をあびたのは、ほんのきっかけと出会いからだった。

 

東福岡から明大に一般生で入り、

(明大の場合、ほとんどがサッカー推薦なのだが・・)

神川監督の目にとまる。

その時、北京五輪の監督は反町監督。

ヘッドコーチは、江尻コーチ。(前ジェフの監督)

江尻さんは、僕が1年の時の4年生だが、

神川監督の1つ下の後輩にあたる。

神川さんが、長友を見た時、「こいつは!」と

思ったそうだ。

そこで、反町ジャパンの江尻さんに連絡。

「凄い素材がいるぞ!一度見に来てよ!」と。

 

その後、反町さんと江尻さんで大学サッカーを

こっそり観戦。

そこで評価もあり、また、ユニバーシアード大学選抜の

監督を前明大コーチの吉見さん(現大学サッカー連盟会長)が

やっていたこともあり、ユニバー代表に選出された。

 

その後は、とんとん拍子でフル代表にのぼりつめ、

現在に至る。

 

もちろん、そのような縁もある。

だが、チャンスが到来した時に確実に実力を出している

長友選手は凄い。というより、日頃の努力の成果でしかない。

 

チャンスはどこに転がっているかわからない。

そのチャンスが到来した時に、ベストパフォーマンスができるか

できないかは、自分次第。日頃の積み重ねが大切であると

あらためて感じた。

 

頑張れ!長友選手!

|

« 新しい目 | トップページ | それぞれの一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長友秘話!:

« 新しい目 | トップページ | それぞれの一日 »