« 初戦 | トップページ | FCパルピターレの一日 »

2011年4月23日 (土)

夏に向かって

クラブユース選手権神奈川県予選1回戦。

雨にもかかわらず、大勢の皆さんの応援を頂きましたが

残念な結果となってしまいました。

 

試合の結果はもちろんですが、

見ている人達に、パルピのサッカーの楽しさ、躍動、感動を

与えることができなかったこと、

そして、プレーしている選手達が何より そのもどかしさに

やりきった感、達成感を感じることが出来なかったことに

危機感を覚えました。

これは、今日の戦い方、戦術に戸惑いを与えてしまった

指導者の力不足です。

 

高い位置でのサッカー、サイドを起点としてゲームを組み立てる、

高い位置からプレッシャーをかけ、コースを限定してボールを奪う。

高い位置でボールを奪うことで、攻撃にかける枚数を増やし、

後ろから飛び出す選手を起点としてゴールに向かう・・・

こんなコンセプトに対し、ラインが深くなり、DFラインに

中盤の選手達も吸収され 相手の選手の枚数より

パルピの選手達が余ってしまった。

ボールを奪うと、高い位置のFWをサイドに走らせ、起点と

しようとするのだが、逆に蹴りこむだけとなってしまい、

ミスパスと大味のサッカーになってしまった。

その時間帯に、失点。

ハーフタイムに修正したものの、なかなかリズムを作れず

最後に少しだけボールを保持する時間が増えたが

3点のビハインドを返せず、タイムアップとなった。

 

だから、選手達もやりきった感、自分達の力を出し切るまでに

至らずに何となく試合が終わったことで、悔しさを感じることも

できないような雰囲気でした。

 

3年生になると集大成として、1~2年までの「こだわり」を

自由表現することで、やっていて、見ていて楽しいサッカーをするのが

パルピターレですが、今回は まだまだ表現出来なかった。

 

この敗因と内容を謙虚に受け止めて、これから夏に向かって

立て直しをしなければならない。

トップチームを目標に頑張る、1年生、2年生、そして、小学生

パルピターレを応援して下さる保護者の皆さん、

全ての人達のためにも、そして、3年生自身が

やりきった感を感じてもらうためにも・・・・

 

精神面に甘えがあったのでは・・・

選手も自分自身も・・

技術に対し徹底して向き合っているか?

妥協していなかったか?

一つのプレーが出来なくても何となく過ごしてこなかったか?

 

パルピの真骨頂である、技術を徹底して鍛える。

何となくでは、結果として試合に表現されてこない。

ボールを運ぶ、止める、蹴る。

 

チャンスは夏。

各学年が今やるべきことを もう一度徹底してやりきり

練習、練習試合、リーグ戦、そして、私生活、

軸をぶらさずに パルピターレのサッカーを夏までに完成させ

次のステージに送り出したい。

 

チームスタイル

「個々の高い技術力をベースに多彩な攻撃力を展開し

アグレッシブに得点を奪う。また、攻撃的となる根底に

組織ディフェンスを追求し堅実な守備陣の確立と、

高い位置でのサッカーを展開することで、より攻撃的となり

やっている者、見ている者が驚くサッカーを追求する」

 

バンデリージャさん、今日はありがとうございました。

応援頂いた、保護者の皆様、応援ありがとうございます、と同時に

がっかりさせすみませんでした。

また、ベンチ外から応援してくれた1・2年生、応援ありがとう!

 

夏に向かって、やります。

最後に笑顔となるよう 今日の敗戦を謙虚に受け止め

スピードをあげます。一歩一歩かつ、がっつりと!!

|

« 初戦 | トップページ | FCパルピターレの一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏に向かって:

« 初戦 | トップページ | FCパルピターレの一日 »