« 山梨遠征 | トップページ | 会員の皆様へ »

2011年7月 3日 (日)

スピード

Photo

中学2・3年生が非常に良くなってきた。

 

サッカーがおもしろくなってきた。

 

もちろん、課題をあげれば山ほどあるけれど、

手応えを感じだしているのは僕だけでしょうか?

 

いや、選手達も感じてきているはずだと思う。

 

良くなってきた要因は何か?

 

一番は気持ちの持ち方かもしれないが・・・

判断するスピードが早くなってきたことが要因といえる。

ボールを持ってから、どうしよう・・・と考えるのではなく

ボールをもらう前に次のプレーを考える。

サッカーには当たり前の要素だが、

ボールを出す者、受ける者、逆サイドの者、

選手一人一人が状況を見て判断することが出来、

そして、コミュニケーションがとれるようになると

サッカーはおもしろいように変わる。

 

判断スピードがあがると、

ファーストタッチも変わる。

いや、ファーストタッチは絶対的に気を使わなければ

ならないので、ボールが来る前に次のプレーのイメージを持って、

ボールが来た時には確実にプレーをする。

 

前にスペースがあるならば、しかける!

ゴールを目指す!

 

今まで、言ってきていることが 試合中に表現されることが多くなってきた。

結果、ポゼッションもあがっている。

 

また、1年生から徹底してきた、ボールコントロール、ドリブルが

判断が早くなることでより活きてきている。

 

良いことばかりを書いているようだが、

一つ上のレベルの会話が現場で出来るようになってきたことは

非常に大きな収穫だと感じている。

 

今年もパルピの夏がやってきた。

諸先輩達がつくってきた、パルピのおもしろいサッカー、

感動するサッカー、やっている者、見ている者が楽しいサッカー、

この2カ月、鍛えて、鍛えて、鍛えまくって、結果につなげたい。

 

みんな、良い顔つきになってきましたね。

|

« 山梨遠征 | トップページ | 会員の皆様へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピード:

« 山梨遠征 | トップページ | 会員の皆様へ »