« FC観戦 | トップページ | 迷子 »

2011年9月12日 (月)

伝統の力

本日は朝8:00~ 中学生のトレーニング。

取組姿勢の話をして、選手達はクロカン(クロスカントリー)。

 

その後、小学生のISリーグへ。

パルピっ子達の技術が間違いなく上がっている様子を見れて

あと一歩!まできていると感じた。

もちろん、満足するわけではないけれど、

サッカーマンに成長してきたな~と率直に思った。

 

昼からは、Jrユースの2名が旭高校の練習に参加させて頂いた。

旭高校は、名将 伊藤監督(元監督)の元、一時代を築いた伝統校!

今も、OBの広瀬監督がその伝統復活に向け日々指導にあたっている。

 

パルピからも高校2年の駿がサッカー部で汗を流している。

今日もグランドで 久々に駿の頑張っている様子を

見ることができて良かった。

 

今日は、伊藤元監督と昔の話をしながら練習を見させて頂いた。

 

伝統の力、育成の考え方、教育とスポーツ、など・・・

 

現在は、サッカーの技術を向上させる環境は整っている。

サッカー経験を持った指導者も多くいる。

でも、そこから先の差は何か?

技術を持った選手が将来にわたり華を開けるかどうか、

もしくは、サッカーをやめ自信を持って社会生活を生きて

いけるかどうかは、

やはり、心であると。

純粋・純真な心、

思いやりの心、

チームのためにつくせる心、

自分の目標に向かって進める心と意思、

気持ちの良い行動(挨拶や受け答え、容姿など)

良い悪いの判断の出来る心、

など、サッカーの技術と共に土台となる心づくりが

重要であるとあらためて感じました。

そして、何より元気で明るく・・・これが全ての基本ですね。

伊藤元監督、広瀬監督、ありがとうございました。

とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

さて、パルピターレから参加した2名。

もっと、積極的にやらなければいけないな。

プレーが消極的。

別にいいことをしようとしなくても良いが、

コーチング、攻守の切り替え、ハキハキとした受け答え、

集合や練習と練習の間の移動、など・・・

全国にはサッカーで上に行きたい者は

山ほどいるのだから、ちょっとしたチャンス、

ちょっとした機会をつかめるかどうかは、

自分自身だからね。

|

« FC観戦 | トップページ | 迷子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統の力:

« FC観戦 | トップページ | 迷子 »