« 交流戦 | トップページ | FC観戦 »

2011年9月10日 (土)

基礎と応用

J0910_2

サッカーでよく基礎技術の大切さについて話題が出る。

サッカーの基礎技術って・・?

サッカーは足で行うスポーツであり、

最終的にはチームでゴールを奪いあうスポーツなわけだから、

まずは、ボールを自由に扱えないと話にならない。

 

ボールを運ぶ技術、

ボールを止める技術、

ボールを蹴る技術、

 

精神論と体力は置いといて、

この基礎技術は、どのレベルになっても追求される。

 

基礎技術が出来て初めて応用になる。

応用って?

 

相手がいる中で、動きながらのボールコントロールを

正確に行う。ゴールを目指す中で、プレーの優先順位と

状況判断を行いながら、ボールを失わずにゴールを奪うこと。

グループで攻めること、守ること。など・・

 

話は戻るけど、基礎~応用って、幅がもの凄く大きくて

首を振る(振ることが目的ではなくて、見たものを

自分のイメージにつなげ、判断してプレーできるようになること)

パスしたら走る、

なんていうことも基礎と応用の間なのかもしれない。

 

基礎の反復、自由にボールを扱う領域とは、

はしを使う指の感覚 や

九九 を考えながら言わない感覚 に似ていると思う。

 

今日も中学生との練習で、

いつものごとく、リフティング5種目から入るわけだが、

どうもヘディングが苦手な選手が多い。

15分、30分、45分、60分・・・

時間が経っても出来ない選手がいる。

もちろん、出来た選手から次のメニューだから

徐々に気持ちもなえてくるわけだが、

実は、この基礎が出来ないと結局ゲームや応用に入ると

何も出来ない。

 

声を出そう!

これも基本なんだけど、

「頑張ろう!」「さ~行こうぜ!」などの言葉は

誰でも言える。

だけど、ゲームの中で的確な声を出す!なんていうのも

結局のところ、基本技術が身についていないと

自信がないから、また、余裕がないから

声が出ないということにつながる。

 

だから、基本は大切なんだよね。

 

話は変わるけど、僕の息子と娘が

以前、セントラルで水泳を習っていたことがある。

何十個ものレベル試験があって、

数か月に一度レベルアップのテストがあり、

合格しないと、ずっと同じ練習。

けのび、バタ足、なんてのを、ひたすらやる。

 

きっと、どのスポーツも基礎が自然と体の感覚に

しみつくまでやらなければ、応用には行かないってことだね。

 

一見、リフティングが出来なくて次の練習に行けないことって

かわいそう!に見えるけど、実は、出来ないで次のレベルに

進むことの方が僕はかわいそうだと思う。

結局、レベルが上がると、当たり前のプレーが当たり前に

出来る中に入ると、当たり前のプレーでミスをすることが

許されなくなる。

だから、試合をしても結局おもしろくなくなる。

 

みんなには、ハイレベルの中でやっていける

自信をつけて欲しいんだよね。

 

だらだらと書いたけど、

今日の中学生の練習を見ていて、

あらためて、この時期にやらにゃ~ならん!と

強く思ったね。

 

J0910_3

今日は、GK特別コーチが来てくれた。

かつと平ちゃん、足をつる位 基礎をみっちり。

 

ありがたいことです。

 

地道な努力、反復の後に 光が見えるから

頑張っていきましょう。

 

 

練習後、U13の小山コーチから電話・・

6-1でU13勝ったそうだ。

制限付きでテーマを持って取り組んだとのこと。

どんどん、苦労した方がいいよね。

 

でも、U13 おめでとう!

|

« 交流戦 | トップページ | FC観戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎と応用:

« 交流戦 | トップページ | FC観戦 »