« ISリーグ | トップページ | 基礎と応用 »

2011年9月 5日 (月)

交流戦

94_2

ヴィクトワールさんと交流戦。

 

足元の技術が上がったせいか、

取り組む姿勢が良くなったせいか、

体力がついたのか、

 

随分と以前に試合をしたときとは内容が成長していた。

 

春先は、攻め込まれ、ポゼッションもとられていたが、

今回は、ボールを保持している時間が増え、

ゴールシーンも多く見られたことは成長の証だろう。

 

但し、ボールコントロール技術があがってきたら、

今度は、ゴールを意識する中で、

ダイレクトでプレーするのか、

止まってプレーするのか、

スペースに走りこんでスピードを活かして突破するのか、

強引にシュートに行くのか、

攻め急がずボールを失わないことを優先するのか、

など・・

判断と正確なプレーを追求していきたいね。

 

それと同時に、今取り組んでいる

取組姿勢の追及

体力の向上、

ボールコントロール、

グループでの攻防、

をとことん追求していきましょう !

 

あと、1年生にはリフティングの課題をクリアしていない人が

何人かいるけど、あと一歩まできている。

リフティングがうまいからサッカーがうまいわけではないが、

サッカーが上手い人でリフティングが下手な人はいない、

ということは、我々が追求しているサッカーを行うには

最低限の技術であることをみんなわかっていると思うので

今は、我々も我慢して追及している。

頑張って、その壁を越えて次のステップにあがってきて欲しい。

 

確実に全員 成長している。

そして、本日は試合の横で 相当の走りトレーニングを行った。

その中でも、みんなのやる気に満ちた雰囲気は

必ず成長をチームとしても強くなると嬉しくなる。

 

謙虚に、高見を目指して 頑張ろう!

|

« ISリーグ | トップページ | 基礎と応用 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦:

« ISリーグ | トップページ | 基礎と応用 »